iTunes好評配信中iTunes Store:Anna Maria Jopek
公式Facebookページ ⇒ www.facebook.com/amjopek


  • アルバム総合チャートで第1位を獲得!!

    NEWアルバム『MINIONE』が、ポーランドの音楽チャート(アルバム総合部門)で第1位を獲得しました。また、通算9度目となるプラチナディスクも獲得しました。

  • NEWアルバム『MINIONE』リリース!(2017年2月)

    アンナ・マリア・ヨペックとゴンザーロ・ルバルカバによる作品『MINIONE』がリリースされました!
    iTunesやSpotifyでも好評配信中です!



    Anna Maria Jopek (voice), Gonzalo Rubalcaba (piano)
    Armando Gola (bass), Ernesto Simpson (drums)

    Recorded in Hit Factory, August 2016.
    Recording and mix engeneer: Carlos Alvarez. Studio edit: Mario Garcia

    Script and direction: Robert Roy Nalecz

    Special thanks to:
    COSMOPOLITAN, ul. Twarda 4 www.apartamentycosmopolitan.pl





  • 2016年来日コンサートのお知らせ!

    12月23日から25日まで、ブルーノート東京での5公演が決定!!ポーランドのクリスマスソングも取り入れたプログラムで、クリスマスライブをお届けし ます。
    出演: アンナ・マリア・ヨペック、クシシュトフ・ヘルジン、ロベルト・クビシン、パヴェウ・ドブロヴォルスキ 詳しくは、ブルーノート東京オフィシャルサイトをご覧ください。
    www.bluenote.co.jp




  • 第14回東京JAZZに出演決定!

    2015年9月5日(土) 開場11:30 / 開演12:30
    東京国際フォーラム ホールA
    オフィシャルHP www.tokyo-jazz.com

    Organized in collaboration with Culture.pl


  • ポーランド復興勲章を受章

    2015年5月3日、ポーランド大統領よりアンナ・マリア・ヨペックに勲章が贈られました。 アンナ・マリア・ヨペックの芸術分野での実績と、ポーランド音楽の国外普及活動が高く評価され、ポーランドで最も権威のある勲章の一つ、ポーランド復興勲 章を受章しました。

    zdjęci: Wojciech Olkusnik - Kancelaria Prezydenta Rzeczpospolitej Polskiej
    photo by: Wojciech Olkusnik - Kancelaria Prezydenta Rzeczpospolitej Polskiej

  • アンナ・マリア・ヨペックが来日しました!

    アンナ・マリア・ヨペックは、2014年11月12日に開催された「V4+JAPANスペシャルコンサート」に、日本親善大使の松下奈緒と、ハンガリー親 善大使マテ・カマラスと共に出演しました。コンサートの途中では、安倍晋三首相の手紙が読まれました。また、翌11月13日には、cafe104.5にも ライブ出演しました。

     
  • 出演が続々と決定!
    アンナ・マリア・ヨペックは、エジンバラとロンドン
    での舞台ゲスト出演に続いて、アメリカ、カナダ、
    ポーランド、チェコ、ベラルーシ、中国、日本での
    コンサートが決定しました。 スケジュール情報はこちら


  • アンナ・マリア・ヨペック来日

    アンナ・マリア・ヨペックが2014年3月に来日し、ブルーノート東京、紀尾井ホール、ラジオJ-WAVEなどに出演しました。また、「V4+日本」親善 大使として、仙台および気仙沼で被災者支援コンサートを行い、訪問した幼稚園では音楽を使った遊びを通して子どもたちと交流を深めました。 来 日の際の写真はこちら(2014年3月).

  • 公式Facebookページ

    アンナ・マリア・ヨペックのFacebookはこちら⇒ www.facebook.com/amjopek

    Haiku - read more
  • アルバム『HAIKU』(国内盤)リリース!

    2014年3月5日アルバム『HAIKU』(日本国内盤、日本語訳付き)がリリースされます。アルバム『HAIKU』は、ポーランドでリリースから僅か数 週間でプラチナディスクを獲得するなど、日本とポーランドの伝統音楽をジャズでつないだ作品として、各方面から高い評価を得ています。

    この日本国内盤『HAIKU』のリリースは、ポーランド広報文化センターの 協力により実現しました。


  • 「V4+日本」交流年親善大使に就任

    アンナ・マリア・ヨペックが、「V4+日本」交流年親善大使に就任しました。今後は日本とポーランドの架け橋として様々な活動に携わっていく予定です。 尚、日本側の親善大使には女優でピアニストの松下奈緒さんが就任しました(詳しくは外務省WEBサ イトを参照ください)。


  • アルバム『POLANNA』がゴールドディスクを受賞!
    通算10枚目となるゴールドディスクを獲得しました!写真

  • 来日公演2013 大盛況のうちに終了!
    アンナ・マリア・ヨペックの1日限りのスペシャル・
    ライブが10月5日ブルーノート東京で行われました。
    サプライズで小曽根真&アンナ・マリアの共演も実現 するなど、今回も大盛況のうちに幕を閉じました。
    また、公演に先駆けて代官山蔦谷書店で行われた
    ミニライブ&サイン会も盛況のうちに終了致しました。
    Blue Note Tokyo公式サイトミニライブ ・サイン会 後援:ポーランド大使館、Adam Mickiewicz Institute



  • 来日時にFMラジオに生出演しました!
    インターFMの「バラカン・モーニング」に出演しました。
    番組では、生演奏も披露しました。
    AMJ IN JAPAN
  • チェコ、ドイツ公演に続き、ポルトガル公演が決定! More info...


  • Anna Maria Jopek :: LUSTRA『LUSTRA/ ルストラ』好評発売中!

    3枚の ア ルバム『POLANNA/ポランナ』・『HAIKU/俳句』・『SOBREMESA/ソブレメサ』は、コレクターズBOX『LUSTRA /ルストラ』で入手することができます。コレクターズBOX『LUSTRA /ルストラ』は、豪華フォトブック付き。(フォトブックでは『ID』・『Dwa Serduszka Cztery Oczy』の発表からの3年間を、各アルバムのリリース時にブックレットで使用された写真とは異なる100枚の写真で振り返ります。)アンナ・マリア・ヨ ペック渾身の三部作(『POLANNA/ポランナ』・『HAIKU/俳句』・『SOBREMESA/ソブレメサ』)と、貴重な写真満載の豪華フォトブッ ク。このスペシャルサプライズをお見逃しなく!
    ※アルバム『SOBREMESA/ソブレメサ』、『HAIKU/俳句』、『POLANNA/ポランナ』は、別々に購入することも可能です。 

  •   HAIKU / 俳句  ~日本とポーランドを結ぶ、音楽の美しい出会い~

  • ア ンナ・マリア・ヨペックと、日本を代表するジャズピアニスト小曽根真との共同制作アルバム。ゲストとして共演しているのは、邦楽笛奏者の福原友裕。アル バム『HAIKU』は、楽曲「夜明け」に始まり、和泉式部の和歌に着想を得たという「ビェル(白)」、ポーランドの民族舞曲「オベレック」や「クヤヴィア ク」などを経て、最終曲の「夕暮れ」で幕を閉じる。日本とポーランドの伝統音楽を結びつけた極上のセッション。

    日本との初めての出会い

    アンナ・マリアの両親は世界的にも有名な民族舞踏団マゾフシェの楽団員だった。両親は外国へ演奏旅行に出か けることもあり、彼女が幼少期を過ごした家に は、共産主義の時代には珍しく、外国からの土産品も多くあったという。なかでもアンナ・マリア一番のお気に入りは、丁寧に仕上げられた日本からの手描きの 花模様の扇子と、赤と金の絹の着物を着た陶器の人形だった。幼い日のアンナ・マリアは、それらを長い時間じっと見つめていることが好きで、当時の彼女に とっての「美の極み」だったという。アンナ・マリアは愛知万博でのステージ、Blue Note Tokyo公演、東日本大震災被災者支援コンサートなど、これまでに7回来日している。

    ※アルバム『HAIKU/俳句』は、コレクターズBOX『LUSTRA/ルストラ』の中に含まれています。

  • SOBREMESA / ソブレメサ  ~それは音に込められた幸せ/デザート~

    アンナ・マリア・ヨペックの第二の故郷となったリスボンからのストーリー。ポルトガル、アンゴラ、ブラジル、カーボベルデ諸島などポルト ガル語文化圏からの珠玉の曲集。言葉と言葉が紡ぎ未曾有のエネルギーが脈打ち、その一方で漂うサウタージ。このアルバムに参加したのは、ファドの王子カマ ネ、カーボベルデ諸島にルーツをもつカリスマシンガーのサラ・タヴァレスとティト・パリス、ポルトガル伝説の歌手パウロ・デ・カルバーリョ、アンゴラ出身 の気鋭の音楽家ヤミ、ブラジル屈指の作曲家イヴァン・リンス。アルバムには、アンナ・マリアがポルトガル語で(時にクリオーロ語やキンブンド語でも)歌っ た曲や、ティト・パリスとの人気デュエット曲“Tylko Tak Mogło Być”なども収録されている。レコーディングは、このプロジェクトのために結成されたマルチカルチャーバンドと共にリスボンにて行われた。マスタリング はマイケル・フランクスの音響監督を務めるスコット・ペティート氏によって、ニューヨーク・ウッドストックのNRSスタジオで行われた。 2011年11月アンナ・マリアとバンドメンバーは、コンサート「ソブレメサ・ツアー」(14公演)を、およそ1万人の聴衆の前で行った。
    ※アルバム『SOBREMESA/ソブレメサ』は、コレクターズBOX『LUSTRA/ルストラ』の中に含まれています。

  • POLANNA / ポランナ  ~“POLAND+ANNA”ポーランドの魂を歌う~


    憂愁の歌姫アンナ・マリア・ヨペックがおくるポーラ ンド音楽への新たな視座。ポーランド音楽をルネサンスから現代まで、古典的な伝統と現代ジャズへの系譜 を見つめ直す。共演したのは、キューバが生んだ天才ピアニストのゴンザーロ・ルバルカバ、ポーランド民族音楽の優れた演奏家マリア・ポミャノフスカ、チェ ロの名手ラファウ・クフィアトコフスキ。そして、ゲストにスタニスワフ・ソイカを迎える。音楽のアレンジはグラミー賞受賞歴もあるギル・ゴールドスタイン 氏とクシシュトフ・ヘルジン氏が行った。レコーディングが行なわれたのはポーランドのグダニスク放送局。マスタリングはニューヨークMRSスタジオに て、グラミー賞エンジニアのジョー・ファーラ氏とパット・メセニー・グループのスティーヴ・ロドビー氏が手がけている。
    ※アルバム『POLANNA/ポランナ』は、コレクターズBOX『LUSTRA/ルストラ』の中に含まれています。

    当日本語版サイトは、順次更新していく予定です。
  • NEWS ARCHIVE...


    (c) ANNA MARIA JOPEK MUSIC